日本語のなかで使われているヒンディー語

皆さんこんにちは!

今日は金曜日なので、楽な気がする。何か面白い話をしようと思って、この記事を書いた。

日本人はインドカレー好きなんでしょうね。カレーという言葉はヒンディー語がルーツだが、ヒンディー語で言うと発音がちょっと違う。カレーじゃなくて「カリ」という。名前は何でも構わないが、カレーの美味しさは言葉で評価できない。

このように、ヒンディー語に起源がある言葉が日本語のなかで存在している。

さて、日本語のなかでもよく使われているヒンディー語をいくつか紹介させてください。

 

パジャマ とは一種の民族服のボトムズです。世界語になってからパジャマは主に寝巻として知られている。パは足を指しジャマは服を指します。

 

ベランダとはバルコニーと同じいみだ。部屋の外の張り出した通路。ここから外が見える。

 

バンガローとは一階しかない家。昔は、こんな家が主に東インドのベンガルで建てられていた。バンガローという言葉は世界中に広まってから、違う国でちょっと違う形の家のことを指す。

 

カレーは皆が知っているはずでしょう!カレーまたはカリはインド料理の美味しいグレビーのことだ。

 

達磨という言葉はサンスクリット語で「法」のことを表していた。昔インドでは、「ダルマ」という概念は法則、真理、教法や説法などを指し、大切にされていた。

 

やしゃはインド神話における鬼神である。この言葉は仏教に包括れ、天部の一つとして見られている。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.